FC2ブログ
ベビービョルンの抱っこひも ベビーキャリアOne 1ヵ月使ってみた
2人目のためにわざわざ買うのか!?悩みまくって買ったベビービョルンの抱っこひも、ベビーキャリアone。

1ヶ月使用してみての感想です。


エルゴに比べるとバックルの数が多くて、はじめは慣れなくてちょっと大変に感じました。
でも慣れたら平気!

頭からくぐって抱っこひもを装着。
 ↓
腰ベルトを留める。
 ↓
下のバックルの右は留めたまま。左肩に赤ちゃんを抱っこしてキャリアの中に入れる。
 ↓
下の左のバックルを留める。
 ↓
上の二つのバックルを留める。
 ↓
肩ベルトの紐をひっぱって調節。

という感じで使っています。


赤ちゃんの位置がエルゴと比べるとかなり下になる感じがして違和感があったのですが、腰ベルトの位置をウエストにすれば解決!
エルゴだとベルトを腰骨の位置につけますが、ビョルンの新生児抱っこはジャストウエストでぎゅーっと巻いてしまうほうが合うみたいです。
しっかり抱けると背中のストラップで支えられて楽ですが、位置が下になると肩に荷重がかかってきて辛いです。


体重が重いポコリンを形の安定しないインサートに包んでさらにそれを抱っこひもにいれる…というエルゴよりも、抱くときの動作はとても楽になりました。
インサートに寝かせる必要がないので、ベビーカーから抱き上げて抱っこする時も、ぐずるのをあやしながら、上の子を急かしながらどこか寝かせられる場所…って探さなくてもいいのが便利です。

首がすわらないうちからお出かけが多い人なら重宝するんじゃないかなぁ。


抱っこしたとき、ポコリンは身長が高いのでエルゴだとインサートから頭がはみだし気味で、後ろにのけぞるような感じになってしまうけど、ビョルンだとまっすぐになります。むしろ前に(私の胸に)密着する感じで、服をなめたりしてます(^^;)



反対に、エルゴのほうが落ち着く…と思った点。

赤ちゃんの足の位置。
足を下に垂らしたポジションで抱くと、歩くときどうしても自分の太ももとぶつかります。とくにうちのポコリンのように身長が高いと余計にそうかもしれません。
抱っこのまま座るときも赤ちゃんの足をどうしていいかわからず…。私はパンツスタイルが多いので、浅めに腰掛けて、ガバッと足を開いてその間に赤ちゃんの足を垂らすような感じで座っています(^^:)
普通に座ってる人を見かけるので意外と平気なのかも。ちょっとしたコツがあるのかもしれませんが、そこがまだ掴めず。

ただ足を下に垂らせる、というのが低月齢の赤ちゃんの股関節脱臼を防ぐ意味でもいいとしているビョルンなので、それは仕方の無いことなんですよね。

月齢がすすんだら、エルゴと同じように足を開いた状態で抱っこできるようになるので、そうしたらきっと同じ感じになるのかなぁ??


あとは、長時間になってくると、エルゴのほうが楽だった…ような…?
けど、それはポコリンの体重のせいかもしれない。。。


「エルゴと比べてどうか」という視点で考えてしまうので、はじめての抱っこひもがこれだったら、そのあたりはまた違うのかもしれませんね。


ちなみにレッグストラップという紐をボタンにひっかける部分があるのですが。
説明には「3.5~4.5 kg のお子様は、レッグストラップを使用して、脚部開口部を締めてください。」と書かれています。

はい、使い始めた時点でポコリンは5kgでしたー(^^:)
なのでこれは使ったことないです。


なんせ毎日使ってます!

また首がすわって使い方が変わって来たら、続報を書きたいと思います〜。





⇒やっぱり買った!ビョルンの抱っこひも ベビーキャリアOne
⇒ベビーホッパーの抱っこひも用レインカバーをもらいました!
⇒抱っこひものUVケープ snug as a bugのマルチユースブランケットにしました!
⇒抱っこひもカバーがこんなに便利だなんて!


ランキング参加してます♪
ポチッと押していただけると嬉しいです☆


FC2 Blog Ranking
にほんブログ村 子育てブログ 子育てを楽しむへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
[2015/08/04 12:37 ] | 育児関係お買い物 | コメント(0) | page top
<<絵本『しろくまのパンツ』 | ホーム | 母乳パッド ピジョン フィットアップを使ってます>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |