FC2ブログ
本『ママおはなしよんで 幼子に聞かせたいおやすみまえの365話』
私が子供の頃…寝かしつけしてもらっていたので多分まだ幼稚園の頃、毎晩布団で母に読んでもらっていたのが「ママおはなしよんで」という分厚い本でした。

1日1ページ、365話のお話が載っています。有名な昔話や童話などが、1ページにコンパクトにまとめられています。1話5分以内で読めそうな短さです。

子供のころから本が好きだった私は幼児向けの本などは自分で読めましたが、この本は字も小さくて漢字もあるので母に読んでもらうのが楽しみでした。

表紙もしっかりしていて分厚くて、自分が読んでいる絵本や幼児雑誌なんかとは違って、『本』って感じで、なんだかすごくかっこいいイメージがありました。


本の重み、分厚さ、大きさ、母の眠そうな声…ぼんやりとですが、記憶に残る情景です。
母によると、365話も載ってるのに私がお気に入りの話ばかり読んでとせがむので、母は同じ話ばかりで飽き飽きしていたそうですが(笑)。


眠る前のひと時、母の横で、まったりした時間を過ごして眠りに落ちてもらえたら…

そんな思いで、先日リン子のために買いました。
今までわかりやすい擬音やリズミカルな語りかけの絵本しか読んでいなかったので急に「おはなし」らしい本になり、まだリン子もストーリーを理解できてはいないと思いますが、1日1ページというスタイルが定着してきて、ベッドにいったらこの本を読んでもらって寝る、という習慣はついてきました。

これからも何年もかけて、そのうちポコリンも一緒に、大事に読んでいきたいなと思います(*^^*)






ランキング参加してます♪
ポチッと押していただけると嬉しいです☆


FC2 Blog Ranking
にほんブログ村 子育てブログ 子育てを楽しむへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



[2015/08/03 00:32 ] | おもちゃ&絵本 | コメント(0) | page top
| ホーム |