FC2ブログ
ひきざんにも挑戦

くもんのたしざんドリルを進める一方で、少しひきざんもはじめました。

r2-IMG_0361.jpg

こちらは学研の幼児ワークシリーズ。
最近なかなかドリルをやる時間がとれず、あまり進んでいなかったので、とっつきやすい学研のものにしてみました。


r2-IMG_0362.jpg

数の分解というのかな?
〇と△を組み合わせると□、というように考える問題からスタート。

答えの部分にシールを使う問題も多くあり、とっつきやすく感じます。


r2-IMG_0363.jpg

そしてひきざんの問題へ。

r2-IMG_0364.jpg

3つの数のひきざん。


r2-IMG_0365.jpg

そしてたしざんの組み合わせも!

その後、くりさがりのあるひきざんを練習して・・・


r2-IMG_0366.jpg

最後は大きな数のひきざんや、文章題(問題から式を作って計算する)も。


r2-IMG_0367.jpg

巻末についているひきざんカード。
裏に答えが書いてあります。
細かいけど、切ってあげると色で並べ替えたり数字で並べ替えたりして遊んでいる(^^;)
まぁ徐々に使って覚えてくれればいいですけど。


ばっくりとした数の組み合わせの感覚がつかめれば、たしざんもひきざんも楽になると思うんですよね。
たとえば視覚的にも10までの個数だったらささっと目で計算できるというか・・・リン子のお皿に4個、ポコリンのお皿に2個、じゃあ同じにするために1個あげるよ、みたいな感じの。

そろそろお金の使い方・計算も覚えていってほしいので、生活の中でそういう”感覚”をつかんでくれればいいなぁと思っています。


5~6歳 ひきざん (学研の幼児ワーク) [ 学研の幼児ワーク編集部 ]





いつも応援ありがとうございます♪
ポチッと押していただけると嬉しいです☆


にほんブログ村
スポンサーサイト



[2019/02/14 10:04 ] | おけいこ&幼児ドリル | コメント(0) | page top
遊びの延長で『てんつなぎ』を気楽にやる!
久しぶりにドリルのネタです。

これはばぁばからのもらいもの。

s-IMG_9104.jpg

はじめてのえんぴつちょうというシリーズの『てんつなぎ』。


s-IMG_9106.jpg

1~5までのてんつなぎから始まります。
だんだん数字が増えていきます。


s-IMG_9107.jpg

最後は1~100までのてんつなぎまでレベルアップ。
数字が30を超えてくるとけっこう絵も細かくなってきます。

さらにピンクとブルーの二つのてんつなぎが混ざっているものもあり、まずはピンクの1から順番に・・・と惑わされずに数字を探す集中力もいりますね。


s-IMG_9105.jpg

できたよシール付き。


くもんや学研などで、「すうじ」のお勉強のドリルの中にてんつなぎが入っているものはよく見かけましたが、このドリルは本当にてんつなぎだけ!
一部、数字によってぬりわけるぬりえの問題もありますが、メインは本当にてんつなぎだけです。

なので
・数字のカウント
・数字の読み
・線を引く運筆
の練習になる感じです。数字の「書き」については出てきません。


私がこのドリルの気に入っているところはですね、お名前や日付を書く欄がないんですね。そして数字の「書き」の練習もない。

つまり「書く」ことに対して教えなくてもいいんですよ。
書く練習をさせる時って、やっぱりめんどくさくても一枚一枚丁寧に日付と名前を書く癖をつけたいし、鉛筆の持ち方についても注意したいじゃないですか。(もちろんてんつなぎでもきちんと指導してあげるに越したことはないんですけども・・・)


でもちょっと時間つぶしをしたいときに、楽しくやっていてくれれば、名前書きなさいとかえんぴつ持ち方とかうるさく言わなくてもいいかなーと思って。
もともとはリン子がもらったのですがあまり好きではなかったようで、今はお姉ちゃんのスイミングの待ち時間に、ポコリンがやってます!

何枚やってもOK、他のノートも持って行って、お絵かきと、たまにてんつなぎ、という感じで、気楽にやっています。

1枚ごとに日付と名前を書くのって、子供にとってはけっこう大変なので、何枚もやらせるとめんどくさくなるんですよね。それで書くの嫌いになられても困るし、こんなふうに気楽に何枚もできる感じが意外と便利で。


4歳からとなっていますが、「書く」練習がないので、鉛筆が持てて数字の読みとカウントができれば3歳でもできます。
今50までのてんつなぎくらいのところまで来て、さすがに集中力がなかなかもたなくなってきましたが、一生懸命ですよ。


ドリルなんだけど、ちゃんと机に座ってしっかりえんぴつ持ってやる、というスタイルではない感じで楽しんでいます。


てんつなぎ 100までの数字をおけいこするお子さまに。 (はじめてのえんぴつちょう4・5・6歳) [ 川島隆太 ]





いつも応援ありがとうございます♪
ポチッと押していただけると嬉しいです☆


にほんブログ村

[2019/01/19 12:38 ] | おけいこ&幼児ドリル | コメント(0) | page top
夏と言えば!『夏のおけいこ 3歳』
学研のドリル『夏のおけいこ』を買いました!

r2-IMG_0294.jpg

そういえばリン子にも買ったなぁと感慨深いこのドリル。
(過去記事
⇒学研 『夏のおけいこ 4歳』を夏休みにやらせよう!
⇒学研『夏のおけいこ』をやり終えました!


ポコリンも、ピンクのぞうさんのやつやるーー!と張り切っています。


r2-IMG_0295.jpg

表、裏ともに日付と名前を書く欄があり、できたねシールも。
1枚やるのが大変な時は、表だけ、裏だけ、と分けてもできます。
我が家は一気にやりたいタイプですが笑。


r2-IMG_0296.jpg

ハサミとのりを使うページがあるのが、ポコリンにはうれしいみたい!まだハサミは下手ですが、一生懸命です。


r2-IMG_0297.jpg

シールを使るページも。

少しずつテーマに沿って数字を書いたりひらがなを書いたりの練習があり、ひと夏飽きずにできそうな1冊。


同じ字を何回も練習したりとかではないのでこれ1冊で「できるようになる」という感じではないけれど、ドリルをやるきっかけになったりとか、夏に1冊終えられたという達成感が得られそうです。


3歳 夏のおけいこ 新装版 (学研の幼児ワーク) [ わだことみ ]





いつも応援ありがとうございます♪
ポチッと押していただけると嬉しいです☆


にほんブログ村
[2018/07/03 09:28 ] | おけいこ&幼児ドリル | コメント(0) | page top
きれいな字になる『ひらがなれんしゅうちょう』学研
年少の時からひらがなが書けたリン子ですが、その後伸びがないというか、上手になりませんね。
「み」とか「や」とかが下手です。

お手紙を書いたりする中でだんだん上手になるかなぁと思ってはいますが、ちょっと気になる字は今のうちに癖を直したいなぁと思っています。

わたしが
とっても
下手だから~~

恥ずかしい思いをしております。。。


r2-IMG_0045.jpg

くせのないきれいな字になるひらがなれんしゅうちょう。

きれいな字を書く、という目的のドリルはいくつか出ているようですが、これを買ってみました。

r2-IMG_0046.jpg

書き出しやくるっとまわるポイントになる点を押さえて練習していきます。
下手な私が見てもほほーぅと勉強になる内容。
むしろ一緒にこれをやったほうがいいのではないかと思うくらい。


r2-IMG_0047.jpg

裏は書く練習。


r2-IMG_0048.jpg

で、私はこれの表面を、コピーして使っています。
元が二色刷りなので、白黒コピーでもそんなに気になりません。

お手紙を書いたり遊びの中で字を書いたりしたときに気になる字があったら、「じゃあちょっと練習してみよう」とその字だけ練習するようにしています。

苦手な字ってどうしてもその子によって癖がありますし、「あ」から順番にやっていくよりも苦手な字から練習したほうがいいと思うのです。それにきれいに書く!!と頭ごなしに言ってしまうと楽しくなくなると思うので。


ひらがなの練習をする、というよりは、すでに運筆も上達してある程度書ける子がきれいに書くために練習する、という感じな気がします。


くせのないきれいな字になるひらがなれんしゅうちょう 7さいまでに身につけたい (学研の頭脳開発) [ 学研教育出版 ]






いつも応援ありがとうございます♪
ポチッと押していただけると嬉しいです☆


にほんブログ村
[2018/05/23 13:19 ] | おけいこ&幼児ドリル | コメント(0) | page top
くもん『たしざんおけいこ1集』ひたすらたしざん・・・忍耐力集中力
くもんのドリル。
『はじめてのたしざん』をようやく終えました。
途中、学研の『毎日のおけいこ たしざん』に寄り道したとは言え、時間がかかりましたねぇ。
幼稚園に行って毎日バタバタしているからというのもありますが、進むのが遅くなってます・・・。

r2-IMG_9394.jpg

で、次の段階のドリルが『たしざんおけいこ1集』です。

r2-IMG_9395.jpg

始めは前回ドリルでやってきた、たす1、たす2の復習から。たす1たす2を混ぜた問題へ。
次にたす3、たす4。たす5、たす6・・・と進んでいきます。

r2-IMG_9396.jpg

そして最後にはたす1からたす9までがランダムになった問題が。
1冊ずっとこんな感じです。

いやー。
はっきり言って、

これなら私が問題作ってもいいんじゃないか

と思いましたね。正直。

でも今までこのシリーズでやってきたんだから同じ感じで進めるほうが本人はスムーズなのかもしれません。

私自身、年長くらいから4年生くらいまで公文の教室に通っていましたが、実際のくもんの教室でやるプリントもこんな感じでした。


集中力はつくと思います。
どうしても1枚やるのに途中で鉛筆削ったりあくびしたり弟にちょっかい出したりもしますが、なるべく集中させ、一気に進める。
表を頑張って私が〇付け、裏を頑張って〇付け、と進められるようになりました。


一緒にやっている『小学校で伸びる子ドリル』が楽しいみたいでお気に入りなので、まずこのたしざんドリルを集中してやらせてから、そちらのドリルをやるようにしています。それでさらにやる気があれば、そのほかのめいろやひらがなやアルファベットのドリルなどをやったり、『なかよし・ぶっく』をやったり。
(関連記事⇒『小学校で伸びる子ドリル』お受験対策ドリルはいつものドリルとちょっと違う?

ポコリンの時は、これを残しておいてノートに写して手作りおけいこノートを作ろうかな笑!!!


たしざんおけいこ1集 (かず・けいさん) [ くもん出版編集部 ]





いつも応援ありがとうございます♪
ポチッと押していただけると嬉しいです☆


にほんブログ村
[2018/05/14 15:42 ] | おけいこ&幼児ドリル | コメント(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>